カード融資の基礎知識

 

 カード融資とはなんでしょうか。

 カード融資とは金融機関が個人に対して提供する、無担保、無保証の個人向け融資の事を指します。

 金融機関とは、どういった存在でしょう。

 金融業を取り扱っている企業や組合のことを金融機関といい、銀行や消費者金融会社、ショッピングローンを組める信販会社等を含みます。

 では、カード融資とは何に役立てるものなのでしょう。

 カード融資の資金使途は原則自由なので人それぞれですが、基本的には安定した収入があって一時的に利用するものです。

 カード融資をの使い方で多いのは、買い物や旅行で一時的にお金が必要になった時や、冠婚葬祭や急な引っ越しで今すぐ必要な額を用立てることでしょう。

 カード融資はクレジットカードのキャッシング機能とどう違うのでしょうか。

 クレジットカードとカード融資の差は、最近はほとんどなくなっています。

 元々は一括での支払いがクレジットカードのスタイルでしたが、今ではリボ払いや分割の支払いも特に制約なく可能です。

 しかしながらクレジットカードでのキャッシング返済は、通常は口座の自動引落であるのに対し、消費者金融のカード融資の返済では口座引落はあまり利用されていません。

 クレジットカードの返済の場合、口座から引き落とされると預金通帳に明記されます。

 それを嫌ってカード融資を利用する人もいるようです。

 クレジットカードでのキャッシングの方が必ずしも金利が安いとは限りませんので、カード融資のご利用の際にはしっかりと確認しましょう。

 

カード融資の手順

 

 融資を受けるまでには、決められた手順があります。

 最初に、申込手続きを行います。

 ネット環境があればパソコンや携帯からの申込みができますし、無人契約機や電話でも受け付けています。

 指定された項目に情報を記入します。

 どんな申込み方法でも質問内容はほぼ同じで、店舗や窓口では書面に記入、ネットでは入力フォームに打ち込みます。

 申込み手続きが終了すると審査です。

 電話番号や勤務先に間違いはないか、他のキャッシングの利用状況に問題はないかも含め、返済能力を見定めます。

 審査にかかる期間は会社によって差がありますが、数分から数日後に電話やメールで結果の連絡をもらえます。

 契約は書面の形で行います。

 窓口や郵送で契約書類が手元に届き、必要事項の記入と書類提出を求められます。

 ここで、免許証や保険証のコピーといった書類の提出が必要になります。

 契約は書類を介しての手続きのみとなります。

 審査までは電話口やインターネットを介してのやり取りが可能ですが、どの会社でも契約では書面を使わなければなりません。

 窓口や無人契約機では契約が整ったその場でカードが発行され、郵送で契約書を送った場合は後日カードが発行されることになります。

 ただし緊急時は契約行為やカードの郵送と同時進行で融資可能な金融機関も多いです。

 カードが送られてきたら、キャッシングが可能です。

 カードを使ってATMからお金をおろす方法が最も一般的です。

 ATMは提携している金融機関や無人契約機にあります、また、指定口座に振り込んでもらうこともできます。

 

カード融資の返済と上手な使い方

 

 どう返済するかを決めてから融資を受けてください。

 借入金の返済は、現金預け払い機に振り込んだり、指定の口座からの自動引き落としなどといった方法が用意されています。

 融資を受けたキャッシング会社のATMや提携機種以外のATMから返済をすることも可能ですが、その場合は手数料がかかります。

 コンビニのATMからでも手数料無料で返済ができるキャッシングもあり、より返済が手軽になりました。

 どうやって返済するかきちんと調べ、あらかじめ見通しを立てておくことは重要です。

 借り入れは一度でも返済は何度もすることになるからです。

 カード融資の上手な使い方についてお話しましょう。

 小額で短期間で返済、というのが賢い使い方です。

 返済にはどこから入るお金を当てる予定なのか、それは確実に入る金額なのか見極め、給与日前の一時的な利用などに限定して使いましょう。

 キャッシングの利息は毎日増え続けます。

 5万円を実質年率25.5%で借り入れると、毎日35円ずつの利息が加算されていきます。

 利息計算は日割りになるのです。

 時間外で銀行口座からお金をおろす時の手数料と比較して、得な方を利用してもいいでしょう。

 ただし消費者金融のカード融資は銀行等に比べて金利が高いのが通常ですから、同様に25.5%の実質年率では、10万円を30日間借りると2100円の利息になるという事にご注意下さい。

 キャッシングをする時は無理のない計画の元で返せる金額の範囲内に留めましょう。

 もし、あなたがカード融資を利用するのであれば、ぜひ上手にご利用下さいね。

 

カード融資の基礎知識関連ページ

初心者のキャッシング利用について
初心者の場合は、まずはキャッシングについて把握しておく必要があります。
カードローンとは
リボルビング払いであるものを一般的にカードローンと呼び、金融機関の多くが提供している金融商品です。
クレジットとキャッシング
クレジットカードを発行している会社は様々ですので、キャッシングサービスの内容も多種多様です。
人気のキャッシングサービス
いま人気のキャッシングのなかには、お得な期間限定で金利0円という金融商品もあるようです。
お勧めのクレジットカード
いい点を探すことも大事ですが、そのクレジットカードの短所について調べることもおすすめクレジットカード探しには重要です。
銀行ローンのメリット
銀行のローンは審査に時間がかかりますが、その分スタッフとの相談や質問がしやすくなります。
住宅ローンの審査とは
新しく家を買い入れる場合や、家を作る場合や改築したい時に組むローンがこういった住宅ローンです。
キャッシング融資とは
どのキャッシング融資も共通して利用目的を問わず、繰り返し借り入れが可能なのが特徴です。
キャッシング情報の効果的な集め方
キャッシングの情報を効果的に集めるためには、金融機関に直接問い合わせてみることが重要です。