無利息融資の2つの方法

 

 融資を無利息で受けられる方法は、大きく分けて2つあげられます。

 無利息融資の1つは金融機関からのもので、もう1つは地方公共団体などからの無利息融資です。

 個人に向けに小額のお金を、金融機関などが貸し出すことはキャッシングと呼ばれます。

 キャッシングは本来、金融機関側が利息を得ることを目的とした商品になっています。

 最近人気があるのは、キャッシングサービスの中でも無利息でお金を貸し出す、無利息キャッシングなのです。

 消費者金融で、無利息キャッシング取り扱うことがほとんどがです。

 また、無利息でキャッシングができるのは新規申し込み時に限り、とされているところが多々あります。

 無利息融資のキャッシングサービスは、消費者金融が新規顧客を獲得するための商品になっていることが考えられます。

 耳にしたことがある無利息融資から、あまり耳にしたことのない無利息融資もあるのが、地方公共団体などから受けられる無利息融資というものです。

 奨学金は地方公共団体などから受けられる無利息融資のひとつです。

 多くの人がこの奨学金について一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 奨学金とは、就学が経済的理由により困難な場合、一定の金額で受けられる融資のことをいいます。

 地方公共団体や法人などから奨学金は受けられるもので、無利息融資が原則です。

 一般の金融機関の融資よりは金利は低くなっているのが特徴である奨学金には、無利息で融資を受けられる奨学金と、利息のかかる奨学金の2種類あるようです。

 

母子家庭及び寡婦への無利息融資

 

 さまざまある無利息融資の中には、母子家庭及び寡婦を対象にしたものがあります。

 母子家庭というのは、配偶者のない女子で、20歳未満の子どものいる家庭のことです。

 配偶者のない女子で、かつて配偶者のない女子として20未満の子どもを扶養していたことのある人を寡婦といいます。

 この無利息融資は、地方公共団体ごとで母子及び寡婦に対して融資されているものです。

 この融資は、安定した生活と子どもの健全な育成をはかるために貸し付けされるもので、母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付があります。

 13種類も母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付で受けられる融資があり、その多くが無利息で融資を受けることが可能です。

 とはいえ、中には無利息で融資を受けられないものもありますので注意が必要です。

 融資を無利息で受けられるのは、事業開始資金、事業継続資金、就学資金、就学支度資金、技能習得資金、修業資金、就職支度資金、医療介護資金、特定児童扶養資金の9種類になります。

 生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金の4種類は、無利息ではありませんが低金利で受けられる融資です。

 そうはいっても生活資金に関しては、月の融資額に制限があることがあります。

 技能習得期間中であったり、医療介護資金を受けている間の生活費であったり、母子家庭になって7年までの者に対して補給する費用の場合などがそうです。

 償還期限が守れず滞納があった場合は、無利息融資であっても違約金を支払う義務があります。

 無利息融資の条件は、地方公共団体によって違う場合が多いので、事前に融資条件等をしっかりと調べておきましょう。

 

無利息融資の種類について

 

 経済的に低所得者世帯、障害者世帯または高齢者世帯の生活を支える役割を果たしているのが、生活福祉資金貸付と呼ばれる無利息融資です。

 その在宅福祉及び社会参加の促進を図り、経済的自立を目的とした融資になります。

 原則的に生活福祉資金貸付制度の融資には利息がつくことになっていますが、無利息のもの存在します。

 低所得世帯に対する修学資金は無利息で融資を受けることができます。

 低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯に対する療養・介護等資金も無利息で融資を受けることができます。

 融資相談窓口は各市区町村、福祉事務所などです。

 また交通遺児等貸付というものがあります。

 これは自動車事故によって死亡した場合、または重度の後遺障害が残ってしまった場合、その子どもの健全な育成を図るための育成資金のことです。

 この場合義務教育が終了する月までの無利息融資になります。

 交通遺児等貸付は、貸付期間終了後、半年から1年を経過した後からの返還となりますが、高校、大学等に進学した場合は、卒業するまでの返還が猶予されます。

 この交通遺児等貸付の場合は、融資相談窓口が独立行政法人自動車事故対策機構都道府県支所というところになります。

 就農支援資金とは、就農を支援するための無利息融資です。

 これは新たに農業を始めようとする人に対し融資されるもので、技術の習得、就農の準備、施設の開設などを目的とした場合に可能になります。

 この無利息融資を受けられるのは、営農計画が知事の認定を受けた認定就農者です。

 就農支援資金の融資相談窓口は各県の全国就農センターになります。

 

無利息融資の2つの方法関連ページ

確実な融資を受ける前に
まず自分の返済能力を見極めること、使いやすい会社から融資を受けるようにしましょう。
キャッシングカードの申込み
手持ちがない中でお金を必要としている時、キャッシュカードを使えばキャッシング会社からお金を借りることができます。
キャッシングローンとは
用途自由で金銭の借り入れができる金融サービスがキャッシングローンです。
大口ローンでお金を借りる
多額のお金を貸してくれる大口ローンですが、中には、保証人がいらない、といった会社も存在しています。