クレジットと返済方法

 

 クレジットと返済方法の前に、そもそもクレジットとは何でしょうか。

 債務者の信用を基礎に、担保を取らずに行う融資がクレジットで、消費者金融、信用販売ともいいます。

 銀行のような預金業務は行わず、借り入れだけを取り扱う会社の総称がノンバンクです。

 リース会社や住宅ローン会社、キャッシング会社、そしてクレジットカードを扱う会社を含みます。

 金融機関の中には、貸し付けはせずに預金業務だけを取り扱うところも存在します。

 クレジットの返済方法はどの様に行うのでしょうか。

 クレジットの返済方法としては、店舗窓口に返済に行く方法、銀行の窓口やATMから指定の口座に振り込む方法、ご自分の銀行口座等から毎月自動的に引き落とされる方法等があります。

 申込みをしたクレジット会社と提携しているATMならば、返済振り込み手続きに手数料を必要としませんが、そうでない時は通常の口座振り込みと同様の手数料がかかります。

 返済可能なATMにコンビニのATMを含む会社も増えました。

 コンビニATMが使えれば手軽さが増しますので、借り入れ前に確認してみましょう。

 インターネットを使っての返済もできますので、自分の家からの手続きもできます。

 ただし、異なる銀行への振り込み手続きをする時は通常の手数料となりますので、要注意です。

 クレジットを利用する場合、基本的には一度で借た後、何度かに分割して返済が行われます。

 返済を怠ると大変なことになりますから、その後数回の返済を間違えないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

 

クレジット返済方法とリボルビング

 

 クレジット返済方法でよく耳にするリボルビングとは何でしょうか。

 利用限度額の範囲内でなら、借り入れと返済を思うままに何回も繰り返せる借り入れ方式がリボルビング返済で、回転信用方式とも呼ばれ、クレジット返済方式の中ではよく使われています。

 借り入れている金額が限度額以下である限り、利用の度に新規の契約を結ばずとも使えることがリボルビング払いの強みで、借り入れをしたい時にフレキシブルな利用ができます。

 普通の分割返済では、借入金を返済金額で割った数が返済回数になり、規定の回数を返済すると終了ですが、リボルビング払いの場合は、回数を決めず、金額を決めて返済します。

 借り足しができるリボルビング返済方式では、何回で完済するかは決まっていませんが、最低どのくらいを一度に返さなければならないかだけが定められます。

 借入残高に応じて返済回数が決められるのがリボルビングなのです。

 リボ払い、もしくはリボルビング払いと呼ばれるこの返済方式でなら、借り入れ中の金額が利用限度額内を守っている限り借り続けることができます。

 リボ払いには更にいくつかの返済方法があり、よく使われるのが残高スライド方式というものです。

 返済金の残りよって、月の返済額がスライドします。

 返済期間は返済額に対応していますから、返済金額が少ないと返済の回数が何度もかかってしまいます。

 完済までに時間がかかれば必然的に利息も増加するので、返済総額が大きくなってしまいます。

 決まった金額以上の返済金を振り込むことは自由ですので、ボーナスや臨時収入を利用して早め早めに返済すると少ない利子での完済が可能です。

 残高スライド方式によるクレジット返済方法の場合は借入残高によって利息の金額が変動する為注意が必要です。

 

クレジットと返済方法関連ページ

キャッシングの返済方法について
キャッシングの返済方法の中でも元利均等方式によるものは、元金返済分と利息分を一定額に設定して返済するというものです。
ローン一本化
ローンをひとまとめにして、1つの金融機関でローンを組み直すことを言い、おまとめローンとも呼ばれている場合もあります。