キャッシングの返済方法について

 

 キャッシングの返済の方法には3つの種類があるようです。

 キャッシングの返済方法の中で元金均等方式というものがあります。

 これはキャッシングによる借入額を返済回数で割った金額に毎月の利息を加え、その合計を毎月返済していくというやり方です。

 この元金均等方式の特徴は、毎月の利息は残高に対する利息なので、ローン残高が減れば利息も減っていき、毎月の支払額も減っていくということではないでしょうか。

 キャッシングの返済方法の中でも元利均等方式によるものは、元金返済分と利息分を一定額に設定して返済するというものです。

 返済計画が分かりやすくなるのが、この元利均等方式です。

 毎月の支払額が一定になるからです。

 ただし毎月の支払額は一定でも、元金返済分と利息分は、ローン残高によって変わっていきますので気をつけましょう。

 通称リボ払いと呼ばれる返済方法が、リボルディング方式と呼ばれるものです。

 毎月の支払額をまず最初に一定に定めるので、返済回数がキャッシングの利用金額によって決定します。

 ということは、借入残高にかかわらず毎月一定の金額を返済するというやり方になるのです。

 何種類かの返済方法にリボ方式は分類できます。

 そのかなでも元金定額のリボ方式は、月々1万円の返済でしたら、1万円プラス金利分が支払い額になるやり方です。

 借りいれた残高によって金利分は変動していきます。また元利定額のリボ方式というものは、月々の支払額に元金プラス金利分が入っているという方法です。

 月々1万円の返済でしたら、ぴったり1万円ずつの返済になります。

 残高スライドのリボ方式は、借入残高が大きくなるに従って、毎月の返済額も大きくなる変動方式です。

 

キャッシング返済時の利息の過払いについて

 

 キャッシング返済時には、利息の過払いにならないように注意しましょう。

 自分では知らないうちに、キャッシング会社に利息の過払いしていることもあるのです。

 利息の過払いとは一体どのような事なのでしょうか。

 利息制限法で定められている年率15〜20%の利息利率を超えている場合には、利息の過払い金返還の請求ができます。

 もし利息制限法を超える利息を払ってしまっている事に気づいたとします。

 この場合過払いした金額について、その金融業者に請求する事が出来るのです。

 また長期取引による利息の過払いということもあります。

 取引期間が、約5〜8年以上と長期に渡る場合には、利息の支払いもその分多くなりますが、利息制限法に従って再計算を行い、過払いが認められれば、元金を完済したうえで不当利益返還請求が出来るようになっています。

 利息の再計算をすることを、キャッシングの返済が長期になっている場合にはとくにおすすめします。

 みなし弁済についてもキャッシングの返済をしている人にとって確認しておくべき事です。

 みなし弁済とは、賃金業規正法43条で利息制限法の規定を超過した場合に、債務者の任意によって有効な利息として成立する事です。

 過払金の返還請求に対する手段として利用されます。ですが過払金の返還請求で利用されるみなし弁済は、滅多な事が無い限り適用されないのも事実です。

 厳しい規定をクリアしなければならないからです。多重債務等の債務整理において、過払金の返還請求は大切な部分だといえるかもしれません。

 

キャッシングの返済方法について関連ページ

クレジットと返済方法
借りたお金を確実に完済するため、今の収入と支出をきちんと算出するようにしましょう。
ローン一本化
ローンをひとまとめにして、1つの金融機関でローンを組み直すことを言い、おまとめローンとも呼ばれている場合もあります。