クレジットカードとキャッシングカードの違い

 

キャッシングカード上手に使ってお得に活用

 キャッシュカードとは銀行や郵貯などの金融機関などで口座を開設した際に発行されるカードで、主にATMでの預貯金の入金・引き出し等に使います。

 これに対してクレジットカードとは、口座は関係なく、カードを買い物の際に提示することで、現金いらずでショッピングが出来たり、ATMで現金が引き出せたりします。(キャッシュローン)

 キャッシュカードと違い、誰でも作れるという訳ではなく、一定の審査があります。JCBやVISA、アメリカンエクスプレス、マスターカードなどが有名どころで、色々な企業などとの提携カードがあります。

 それからデビットカードとは、現金の持ち合わせが無くても、お店で提示すると、口座から直接支払(引き落とし)が出来る便利なカードです。

 

お勧めのカード

エポスカードエポスカード
年会費永久無料エポスカード
年会費永年無料/最短即日発行エポスカード新規ご入会で、2,000円分エポスポイントプレゼントさらに年4回(春・夏・秋・冬)の期間中、お買い物10%オフ。
レディースキャッシングレディースキャッシング
レディースキャッシング【フタバ】
30日間無利息キャンペーン中借りやすくて返しやすい!レディースキャッシング。
ハローハッピーハローハッピー
ハローハッピー
☆ ご利用目的に応じたご融資サービスをご提供 ☆

キャッシング融資とは

 
 
キャッシング融資とはどのようなものでしょう。

 銀行やノンバンクなどの金融機関が、会社や個人を対象にして一定の条件で金銭を貸し付ける行為のことを融資と呼んでいます。

キャッシング融資では担保や保証人がなくても金銭の融資手続きが可能であり、カードを用いてATMやCDから借り受けるというシステムを取っています。

 

キャッシングの賢い返済計画

 キャッシング融資は融資した金銭を利子をつけて回収するという金融商品で、個人を対象とし、金融機関が取り扱っています。

 金融会社は、キャッシング融資サービスついてCMや新聞の広告、街頭の立て看板など色々な宣伝戦略を打ち出しています。

 消費者金融の無人契約機などに至っては街中、あちらこちらで設置されていることがあり、キャッシング融資の需要が高まっていることが伺えられます。

 銀行系、信販系、消費者金融系など、キャッシング融資を提供している金融会社の系統も様々な特長があります。

 会社によって、融資までのスピードや金利、限度額に傾向があります。

 どのキャッシング融資も共通して利用目的を問わず、繰り返し借り入れが可能なのが特徴です。

 賢い返済計画のポイントは、金銭的に余裕がある時は繰り上げ返済をしてしまうことです。

 決められた金額以上の返済は認められているからです。一般のローン商品のような担保を必要とせず、手軽に融資をうけることができるものがキャッシング融資です。

 キャッシング融資を賢く返済するつもりかがあるなら、いざという時に役に立つ心強い存在になってくれます。